スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

041: 第3次こけしブーム考

「こけし千夜一夜物語Ⅱ」で筆者のKさんは東京こけし友の会の例会参加者数の推移とともに「第3次こけしブーム」が落ち着いていたようだと述べられている。そろそろこの「ブーム」と称されてきた現象を分析し今後の課題を整理する時期になってきたのではないだろうか。

「第3次こけしブーム」は主として30代前後の女性がこけしのかわいさに惹かれたもので、軸原ヨウスケ氏(cochae)が2010年4月10日に発行した『伝統こけしのデザイン』というガイド本が引き金となっていると思われる。『こけし手帖』594号には発行当時の記事が掲載されている。翌年の2011年8月15日には沼田元氣氏により『こけし時代』が創刊され(同手帖609号に記事)、また東日本大震災後の東北復興支援活動の一環としても民芸品としてのこけしに注目が集まるようになった。実際、筆者をこけしの世界に引き摺り込んだ某氏もそのような状況からこけしに関心を持たれたということであるから、その某氏の影響から収集を始めた筆者も一連の流れに乗った一人であるといえる。

「第3次こけしブーム」の中心である女性の多くは、こけしの「かわいさ」に惹かれている。こけし製作を生業としているこけし工人は買い手の求めるものに敏感であり、女性の求める「かわいさ」に対応してそれに見合ったものを次々と作り出していった。いわゆる「かわいいこけし」である。今ここで重要なのは、こけしは工人が作り出すものであると同時に買い手の需要にも少なからず影響されるという点である。現在の「かわいいこけし」は現代という時代が生み出したこけし以外の何物でもない。

2014年筆者が始めて伝統こけしを求めた北鎌倉のおもとでは手に入りやすい入門書として『伝統こけしのデザイン』を紹介しながらも「かわいいこけし」にはやや否定的なニュアンスを滲ませておられた。高幡不動のたんたん(現、楽語舎)店主も同様で、若い女性の特徴として①大きいものを買わない②多くを買わない③本を読まない④伝統的なこけしを買わない、という点を指摘されていた。長年こけしに接してこられた方々は内心忸怩たる思いがあるのかもしれない。但し2014年4月20日の土湯こけし祭りの若手工人トークイベントの際、「(かわいいこけしのことが)最初はよくわからなかったけれど、孫に買い与えて喜ばれる姿を見るとだんだん好きになってきた」という主旨の発言をされた年配の愛好家もおられるということも書き留めておく必要はある。

かつて『こけし手帖』23号に稲垣武雄氏が「新型こけしの濫觴」という記事で書かれたように「この類似品が大量に生産されて、工人達の生活が保証されれば伝統ある本当のこけしの廃絶を救うことにもなる」と考えれば、「かわいいこけし」が親しまれることは決して悪いことではない。問題はむしろ需要という面でこけし作りの片棒を担ぐ買い手の側に(そしてあろうことかそれを商う一部の業者にも)こけしへの理解が欠如している点ではないかと考えている。

こけしには過去100年以上にわたって先人が積み上げてきた技術、形式、それにまつわる様々な知識、そして情熱がある。そういったこけしの歴史から乖離したところで愛好家側にこけしへの理解がないまま「かわいい」という需要だけが先行するとそれに引っ張られる形で今まで培われてきたこけしの軸からどんどん外れた奇抜なものへと変容していってしまう危険性がある。もちろん、先のトークイベントにおいて「新しいものを作る場合でも伝統的な模様を入れる等をする」という発言があったように工人側の意識が抑止力となっている部分もあるわけだが。

初めに挙げた『伝統こけしのデザイン』や『こけし時代』といった刊行物は、そういったこけしにまつわる様々な知識という部分を意図的に省略している節がある。それによってこけしに対するとっつきやすさは増したのかもしれないが、前述したような弊害も出てきたのではないだろうか。もちろんこれは結果論であってそれらの本によってこけしに興味を持った愛好家が増えたこともまた事実である。過去『伝統こけしガイド』『こけし 伝統の美 みちのくの旅』といった入門書の刊行がその役割を果たしたように。若い愛好家側への優れた手引きがないことは収集界の怠慢でもある。

「かわいい」だけの収集は発展性に乏しく、数十本集めれば充分とばかりに数年と経たずに収集をやめる愛好家も少なくないという。このような愛好家にこけしに関するあらましを紹介し、その奥深さを知ってもらえれば「かわいい」という視点だけでないこけしの魅力に気付き、より本質的な部分に興味を持つようになるのではないだろうか。

今、こけし界の未来にとって必要とされているもの。それはこけしに興味を持った愛好家にこけしの伝統的な面白さを紹介し、その収集に発展性を与えることのできる手引きであると考えている。伝統とは即ち系統系列であり、工人であり、「型」である。ある工人がどういう生涯を歩み、系統系列の中でどのような制約を受け、その中でこけしとどう関わり、そのこけしが「型」としてどう継承され発展してきたのか。主要な型の「原」となるこけしを紹介し、その型が現在どの工人によって受け継がれているかを紹介することが、こけしへの理解を深めるのではないだろうか。優れたこけしの手引書が熱心な蒐集家を育む。種を撒かなくては芽は出ないのである。

以上の文章は2015年の春先にノートに書き記したメモが元になっている。2年ほど経って改めて読み返してみてもその考えは変わっていない。


スポンサーサイト

040: 「珠玉のコレクションを蒐めて」

仙台のカメイ美術館において2016年8月2日から10月23日の会期で「こけし特別展 珠玉のコレクションを蒐めて」という展示会が行われた。

鈴木康郎氏、高橋五郎氏、谷川茂氏、中根巌氏、橋本正明氏、箕輪新一氏、亀井昭伍氏という錚々たるこけし蒐集家、研究家の所蔵される名品を一度に見られる機会は、まずない。「現代日本の著名なこけし蒐集家、研究家のコレクションを仙台の地に一堂に集める貴重な機会」(パンフレットより抜粋)として是非とも拝見したいと思っていたがなかなか都合が合わず、結局9月10日の定禅寺ストリートジャズフェスティバルに参加したついで、二時間足らずの鑑賞となってしまったのはこけし愛好家として甚だ痛恨の極みである。

諸氏の所蔵される古作を拝見してまず感じたことは、木地形態の美しさだった。こけしは球体の頭部と円柱状の胴という最小限の構成要素で成り立つものであるが、にも関わらず、第一次こけしブームより遥か以前に生まれたであろう古作群には圧倒的な造形美そして素朴な味わいを有しているように思われた。古い木地師達の造形感覚は現代の多くのこけし工人と比べてはるかに優れていると思わざるを得ない隔たりがあった。しかもそこに味わい深い描彩が加わるのだからもうたまらない。

古い蒐集家、小林昇氏が『こけし手帖』104号に書かれた「こけしははじめ子供のおもちゃとして作られたものだが、古い工人たちは不思議なほどフォルムの感覚が鋭く、色感に豊かで、また顔や胴の描彩がたくみである。ことに描彩の点では毛筆の技術とデフォルメの効果とを十分にこころえていて、一昔前まで保存されていた日本の美意識が素朴な木の人形から伝わってくる」という一文をふと思い出していた。

以下は短い時間ながらも展示を拝見して抱いた所感である。考えがまとまっていない節が多々ありしかもまったく個人的な見解ではあるものの、素晴らしい展示会に触れ考えさせられることが多かったため蛮勇を振るい投稿させていただきます。


1.こけしに求められるものの違い

古作群の圧倒的な造形美を前にしながら、普通に考えれば、現代に作られたものの方が感覚的に現代人にとってしっくりくるはずであるのに何故、古作の造形の方に優れた美を認めるのであろうかという素朴な疑問を抱かざるを得なかった。

時代によってこけしに求められるものが変わっていき、それがこけしそのものにも影響を与える。(もちろんそこには製作環境の変化といった要素もあるが。)第三次こけしブームのこけしに求められているものが「カワイイ」という基準だとすると、それ以前は何が求められていたのか。

まず、第二次こけしブームの頃には「古作の再現性」や「情味」という基準があったのではないかと考えている。型、写しという手法の一般化に伴い古い型をどれだけ忠実に再現できるかがこけしを評価する際の判断材料となった。また、各種入門書により味わい、情味というこけしの観点が広まった。これは『こけし 美と系譜』で鹿間時夫氏が用いたキーワードである。第二次こけしブームの頃の愛好家の根底にはこういったキーワードが評価基準としてあったのではないか。

では第一次こけしブーム以前は何が求められていたのか。思うに無作為で自然素朴な味わいだったのではないか。天江富弥氏や武井武雄氏がこけしを蒐集された時代はこけしを「子供のおもちゃ」として珍重する風潮があったと思われる。この頃はまだ新型こけしの影響などはなく、したがって「伝統」がどうのとか「写し」がどうのと口喧しく言われることもない。こけしがありのままの存在でいられた時代であったと想像する。それはこけしならびにその製作者たちに外から何かが求められることがなかったことを意味する。そして逆説的には第二次こけしブーム以降は買い手の嗜好、蒐集家の思惑に影響(あるいは翻弄)される時代となったのだと考えられる。

展示品のこけし群は、その何にも影響を受けることのなかった時代のありのままのこけしの姿を体系的に今に伝えるものであったように感じている。

なお蛇足になるが、一度「カワイイ」という評価基準を脱すると現代化されたこけしに物足りなさを覚えるようになる、というのは実体験に基づく印象である。「カワイイこけし」に不満を覚えるのはこけしに「古作の再現性」や「情味」、あるいは「素朴」を求める故であると考えられる。現代のものよりも古作のに優れた造形美を認めてしまうのはそういったところに理由があるのかもしれない。


2.写しによるこけしの規格化、画一化

戦後、伝統的型の保護・推奨を目的として写しという行為が一般的となった。蒐集家誰それ旧蔵の何々型という感じでこけし界の名物を写したこけしが大量に製作されてきたわけである。写しが一般的になるにつれ、愛好家は再現性の高い写しを手元に置くことが可能となり、こけしの水準は上がったように思われる。しかし、それと引き換えに、こけしが本来持っていた多様性、豊かさ、味わいが失われたのではないか。

そして同時に愛好家に多様性という観点が、或いはそれを許す余地が失われたのではないだろうか。消費社会が浸透し例えば青果の品質が規格化され規格外のものが排除されるのと通じる思潮が根底に流れているように感じる。

しかし古い文献に載らなかっただけで世に知られていないこけしのバリエーションは山ほどある。柏倉勝郎の枝梅模様を入手してそういった思いが芽生えたところにこの度の展示に出品された古作群の豊かな多様性を目の当たりにしてますますその思いは強まった。


3.多様性を取り戻すために

「誰それ旧蔵の何々型」というのは有名な蒐集家にたまたま発見されたごく一部の作例に過ぎず、実際には表情領域、胴模様、木地形態など思いのほか多彩であることは決して少なくない。だとすると、それらをいくつ忠実に写したとしても点の集まりでこそあれ面になり得ないのではないかと考える。それはいわば「規格化されたこけし」である。そのような写しに終始する限り、現代の工人は古作にみられる自由で多様な変化は生み出し得ないのかもしれない。

点と点を面にするためには、こういう作例も存在し得たのではないかと、工人自らが想像を膨らまし、それを実現させていく必要があると思う。それは結果として伝統が発展していく原動力になり得る様な気がする。少なくともそうして出来上がったものは創造的であっても伝統の枠内にきちんと収まるものだと思われるのである。

鹿間時夫氏は『こけし手帖』42号の新人紹介の項で「もはや伝統はがんじがらめである。新型に堕落せずこの殻を破り、本荘や大湯や一の関のようなヴァラエチーを作ることが鳴子工人のテーマではなかろうか」と記している。昭和37年の記事であるが何も鳴子に限った話ではなく、これからのこけしの目指すべき姿を今なお示唆し続けているように思われてならない。改めてこういった事を考える時期にあるのではないだろうか。今後求めていくべきは、伝統の枠内での創造性なのかもしれない。こけしに自由と多様性、生命力を与える残された道であるように思われる。

039: 佐藤伝

東京こけし友の会2016年11月例会。残ったこけしの中から上目遣いでこちらを見てくるこけしがいた。けなげでいじらしい。なんともいえない味があり連れて帰ることにした。佐藤伝(つたえ)のこけしである。

佐藤伝
弟子屈 佐藤伝 6寸2分

保存状態は良い。褪色なくロー引きされていない木地は木の質感に富んでいる。頭部は縦長で上下が平らな棗に似た形態。目と眉は離れ、目は顔の中央より下に収まりあどけない。鼻と口は極度に接近し、何かもの言いたそうな、しかし無言で何かを訴えるような表情である。胴は細めで畳付きにかけてはやや裾広がる。ロクロ線の帯によって三分割され、薄い黄胴の上に衿と菊花が描かれる。菊花は上が緑、下が赤で描かれている。裏面にも同様の花模様が描かれているがこちらは上下の色使いが逆になる。筆致は何気なくバサバサと描かれているがこれがかえって子供のおもちゃ然とした素朴を感じさせる一因となっているように見受けられる。

『こけし手帖』658号に「談話会覚書(24)」として佐藤伝、伝喜、伝伍のこけしが取り上げられている。三人とも弥治郎系の重要工人・佐藤伝内の息子である。伝は伝内の二男で明治39年3月26日に生まれた。大正9年から木地を修業するが父の伝内は放浪の人だったため、父の弟子である渡辺求、本田鶴松についた。したがって伝内こけしにみられる、世を睥睨するようなあの鋭さはついぞ受け継がなかった。昭和元年頃に弥治郎を離れると自身も各地を渡り歩いた後、北海道に落ち着く。こけしは昭和4年、屈斜路湖畔にいた頃から作っていたが戦後は休止していた。昭和32年秋田亮氏の勧めで途絶えていたこけし作りを復活させた。昭和55年10月26日に75歳で亡くなっている。

前掲『こけし手帖』によれば「戦後の伝は相当に変質」しているとし、「筆の枯れた晩年作の幼女らしいあどけなさに見どころを探る」と続く。また、『こけし辞典』には「戦前に比して表情少なく情味に欠ける。最近作は若干甘さがでてきた」とあり、昭和41年12月作が掲載されている。

作例からするとおそらく本項のこけしはその頃以降のものであろうと思われるが、たとえ変質し戦前作に比べ情味に欠けていたとしても、綺麗にまとまったこけしの溢れかえる現在にこそ評価されるべきこけしではないだろうか。

038: 柏倉勝郎④

柏倉勝郎4-1
面描は明らかに柏倉勝郎。写実的な口元、頭髪とくっつく鬢等の特徴から初期作と推定される。

2016年6月6日(月)、ヤフオクに「サカタ ホンマ」という出品タイトルでひとつの酒田こけしが出品された。不明瞭な写真で確認するそのこけしは古色深く、一見煤けた保存の悪い本間久雄作かと思われたがよくよく見ていくと看過できない問題作であることが分かった。

柏倉勝郎4-4
胴底は荒い。本間儀三郎による通し鉋と署名もしくは旧蔵者によるメモ書き。

高さは5寸7分。通し鉋による胴底にはカタカナで「サカタ ホンマ」と記入されている。しかしこれは明らかに本間久雄、義勝親子による筆跡ではなく、おそらく蒐集家によって書き込まれたもの、或いは本間儀三郎本人による署名であると推測される。こけしに署名がなされない時代即ち第一次こけしブーム以前の作であるとしたら、本間儀三郎の木地に柏倉勝郎が賃描きしたこけしである可能性が極めて高い。送り手(販売元?)である本間儀三郎の名が書かれていることからすると、柏倉勝郎の存在自体が周知されていなかった賃描きの初期、つまり武井武雄の『日本郷土玩具東の部』(昭和5年)から深沢要の『羨こけし』(昭和13年)の間にかけての作であると考えられる。

柏倉勝郎4-2
三段枝梅模様。

まず目を引くのは胴の木地形態。肩の曲線はほぼなく肩の段から胴裾にかけて直線的に末広がる。胴への嵌め込みはぐらつきはしないもののゆるめ。胴底はざらざらとしていて荒い仕上げになっている。面描に関しては瞼の線が薄くなっているもののその表情自体は明るく朗らか。他に特徴的な点は口元で、逆三角形のような笑い口は『山形のこけし』で述べられている「昭和初期の作は口が写実的な筆法であり、それ以後は二の字口となっている」という特徴と一致する。また頭髪と完全にくっつく鬢の様式も初期作である証左となる。同書では「昭和一〇年頃までは横鬢が頭のおかっぱとくっついた蔵王風の描彩となっている」とあり年代判定の参考となるだろう。以上を踏まえるとおそらく昭和5年から昭和10年にかけての作と思われる。

しかし最も特徴的なのはその胴模様にある。三段の梅と思しき花模様。いかにも勝郎というべきさらさらとした草書体で赤い枝梅が描かれる。枝と花の付け根には緑の小点が打たれる。この梅模様は鳴子の日本こけし館に所蔵されている深沢要コレクションの4寸に類例が認められる(※下に写真掲載しているスケッチ参照)。深沢手は枝が描かれず花のみ。三段構えの枝梅は他に例をみない。

柏倉勝郎4-3
胴裏には松模様。

さらに胴裏には緑によって松と松葉と思われる模様が描かれていることも驚かされる。松、梅ときたら竹を連想したいところではあるが竹とおぼしき模様は見当たらない。あるいはこの松葉と思われるものが竹なのであろうか。いずれにしても「変わり模様もきわめて少なく、深沢コレクションにある抽象的模様などがわずかに知られる程度である」と『山形のこけし』にある通り、ともすると重ね菊のみとも思われている柏倉勝郎型の胴模様が実は意外な幅広さを持っていることを物語る作例ではある。

深沢勝郎スケッチ
深沢要コレクションをスケッチしたもの。梅花と波線による「抽象的模様」が特徴。

このこけしはこれまでの蒐集において最も重要なこけしであることは間違いない。相当の高値を覚悟してほとんど絶望的に諦めかけていたのだが、出品開始金額のプラス100円で落札することが出来たのは奇跡に近い。落札した日は折しも酒田への調査旅行の最中であり、私にはどうもこけしの神様が酒田こけし研究のために微笑んでくれたとしか思えないのである。酒田こけしの追求に終わりはない。


037: 佐藤忠

『木の花』第22号の「こけし古作と写し展図説」でこの写しを知ったと記憶する。「原」は『こけし古作図譜』119番の佐藤菊治6寸1分。後ろの解説には「大正後期 川口」とあるがこの場合、川口睦子氏の所蔵品ということになる。「形態細く締まりながら温かさがあり、描彩余裕たっぷりと明るく毅然としていて格調高い。しかも大正期(裏に八・六・二五と記入の前所蔵者の張紙あり大正八年か)の菊治では唯一の一側目の貴重さもあって、忠に見せたいこけしであった」と矢田正生氏が書かれている。昭和51年末に青根を訪れ年明けに写しが送られてきたと続く。

佐藤忠1
佐藤忠による佐藤菊治写し 6寸

先日の東京こけし友の会の例会で入手したこのこけしの胴底には鉛筆で「96-5-12 ナゴヤ」とメモ書きがなされている。6寸大の遠刈田の中でも頭小振りな作例で頭部の口径が小さい分、胴細長く洗練された形態となっているように思う。墨による二筆で描かれた口元、鬢横の耳状の手絡(?)等古い青根の様式を今に伝える良い写しである。が、「原」と比べてしまうと綺麗すぎて味わいに欠ける節もある。

『こけし古作図譜』で見る「原」は古ぼけ、紫のロクロ線もやや褪色しかかっており朧げであるが染料が木地に馴染み何とも言えない味わいがある。この写しは形態、様式、全体的な雰囲気はよく捉えられているものの、胴模様は鋭く筆が伸び、それがかえって硬質な印象を与える。

『木の花』第23号の中で箕輪新一氏は「時代の香」と称してこれら古作と写しの隔たりを論じている。「明治という時代の西欧文化に対する日本人のあり方が窺われる」とか「大正という時代のもつほの暗さや憂愁」といったその時代その時代の雰囲気が古作には宿っているとし、写しは「古いこけし群のなかに確かにある「時代の香」、こけしがこけしであり、おもちゃであった時代の味を、どういかして「写し」とる作業」たるべきと説く。

佐藤忠の写しと佐藤菊治の「原」との隔たりはどこにあるのだろうか。そのことを考察していくひとつの手立てとして、こけしが上手物化したことが挙げられないだろうかと考えている。

そもそもこけしは岡崎栄治郎や鳴子の大寸もの等一部の飾るためのこけしを除き、下手物だったと言われている。子供への土産物として大量に生産された安価で粗雑なおもちゃであり、仕上げは今のように念入りには行われなかったため染料は木地に滲む。しかしそういった荒さこそが昔の玩具人を惹きつけた味わいであったように思う。

しかし時代が進むにつれこけしを取り巻く環境や価値観が変化していき上手物化が進んだのではないだろうか。上手物化にはいくつかの要因が考えられる。

①製作環境の向上
戦後動力ロクロが普及するとともにサンドペーパー、筆等の品質が向上したこと。

②コンクールの存在
いつの頃からかは分からないがコンクールの審査基準に木地の仕上げという項目が設けられたことにより、綺麗に磨かれた見栄えの良いこけしが評価されるようになっていったこと。

③品質重視
製品としての均一性を求める風潮が広まり、青果と同じようにこけしも品質が重視されるようになったこと。寡聞にして蝋引きが一般的になったのもいつの頃からかわからないが、品質重視の象徴ではないかと考えている。

第2次こけしブーム以降に作られたこけしを見ていると、こうした時代の移り変わりの中で綺麗になっていくのと引き換えに素朴さと味わいが失われていったように思われる。田舎の純朴な娘さんが都会に出て、垢抜け、綺麗になるのと同じように。これが「こけし千夜一夜物語」でいわれるところの「こけしの近代化」ということかもしれない。

製作環境の変化、価値観、こけしに求められるものの変化が渾然一体となり現代の「時代の香」として漂っている。工人であろうと蒐集家であろうと何人たりともそういった時代性の影響は避けられない。

特に価値観などというものは、ある日を境に劇的に変わるものではなく日一日と徐々に浸透していき知らず知らずのうちにそのことが当たり前になっていく類いのものでありなかなか意識できるものではないが、こけしの場合「原」となる古作に立ち返り、現代という時代の反映である写しとよく見比べることによって、その差異を生むものの存在が明らかになってくるようにも思われる。

下手物という観点からすると、もしかしたら現代のこけしは単純に磨かれ過ぎなのかもしれない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。