スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

015: 平賀輝幸 ②

前項に引き続き、作並系の平賀輝幸工人について。

2015年6月20日ねぎしで開催された下谷こけし祭りに輝幸工人が参加されるというので伺った。店内にはいつもの「かわいいこけし」の他、おそらく謙蔵型と思われる古型もわずかながら並んでいたが最近とんと手を伸ばさなくなった1尺の大きさのため見合わせる。帰り際になってしまったが工人と直接お話しした。祖父にあたる謙次郎工人の甘美なこけしが2本目に手にしたこけしであったこと、そして古型を作ってほしいこと。輝幸工人の回答としては、①そっくりに写すことは(時間的労力的に)できない点、②完成まで多少時間がかかる点を予め了承してもらえれば写しの注文も受けるとのことであった。

帰宅後、手持ちの輝幸工人作とのバランスを考慮しつつ、数種の写しをお願いした。ちなみに、数種類の写しを一本ずつという頼み方に関しては、工人の負担が大きいため慎むべきという意見もある。なるべく負担にならないように同趣向のレパートリーがあればそちらで構わない旨お伝えしていたが、今回のこの頼み方はあまり褒められないやり方だったかもしれないと反省している。写しを頼むというのはもっと収集家としても気を使わなくてはいけないことなのかもしれない。

平賀輝幸1-3

2ヶ月ほど経って完成したこけしが送られてきた。左より、轆轤線8寸5分と白胴6寸5分、えじこ2寸5分と轆轤線7寸5分の4本である。各こけしとも「原」となるこけしを挙げて製作していただいた写しであるが、前述したように忠実に「原」を写すことを求めずに注文したということをはじめに断っておく。

左の8寸5分は『こけし事典』に掲載されている平賀謙次郎古型を元にしたもの。所有者は不明。作並系の蟹菊は各工人によって微妙な癖がありそれが作者判定の拠り所となるとは古来いわれているところであるが、輝幸工人による写しはそういった研究成果に準じたものであり、尚且つ葉の模様などは依頼の際に添付した画像の特徴が汲み取られていてその仕事振りにただただ感心した。面描に関しては上瞼が著しく湾曲している点、バッサリと描かれた前髪と鬢に古い謙次郎の面影が宿っているように思う。

その隣の6寸5分は同じく『こけし事典』に掲載されている白胴鉋溝入りのこけしを元にしたものである。これは植木昭夫氏収蔵品で同じこけしが『愛こけし』にも収録されている。『こけし事典』の写真はやや上からのアングルのため頭部が広く見える。一方、『愛こけし』は真正面から撮影されているため若干印象が異なる。輝幸工人にお送りしたのが前者ということもあってか、出来上がったこけしはいくぶん額が広いものとなった。写真による写し依頼の難しいところでもあり、また面白いところでもある。白胴型では頭頂に描かれる輪型の赤い飾りとその中心を貫く黒い一筋の頭髪が省略される。胴模様の葉の色は紫が用いられているのは前項の子持ちこけしの子こけしと一致する。面描は眉と目が頭の半分より下に描かれており、前述したようにおでこが広くみえる。一般的に目の位置が下に描かれるほど幼さが出てくるとされるが、筆の細さは反面大人びた雰囲気を醸す要因となっていて相対する要素が奇妙に同居しているように思われる。

右端の7寸5分は『こけしの美』掲載の久松保夫氏旧蔵品を元にしたもの。同書では平賀多蔵作とされているが『木の花』では謙次郎作の可能性も指摘されている。「原」は胴に水流れがあるが黒めがちの二側目は甘く表情可憐。この写しもその可憐さがよく出ているように思われる。全体としての調和もとれており今回の注文の中で最も気に入ったこけしである。遠目から見ると甘美な印象を受けるが近づいてみると眼点極めて小さく鋭い。作並系に限らず古品は筆に太さとメリハリがあり、それが情味に繋がっていることが多いように思われる。現代のこけしは筆の線は鋭く冴えている反面そういった古品の醸す味わいに欠ける節もある。人によってはそれを埋められない時代の壁と表現したりするようであるが、考え方を変えればこのこけしは古型をしっかりと消化しつつ、現代性も加味されたものということもできるだろう。この鋭さは輝幸工人の持ち味であり、普段「かわいいこけし」を作る工人の中にそういった素質があるということはとても面白いものに感じる。また、収集する側としてはこの鋭さが今後どうなっていくのかという点も大変興味深いところである。

今回は主に上記した3種を写してもらうことを考えていたが、注文したついでに古型の描彩を応用したえじこがあればとお願いしていた。出来上がったえじこがこの2寸5分。手持ちの文献では作並の古いえじこというのは見たことがなかった。後日、輝幸工人に確認したところ、「原」は『らっこコレクション』の中にあるものとご回答を頂いた。鋭い肩の段と胴のゆるやかなくねりが特徴的な形態で、蟹菊は描かれず轆轤線のみで構成されているにも関わらず、胴模様だけ見ても作並系のものと認識できる。頭頂の墨で引かれる一本線は赤が用いられている点も変わっている。写真では判りづらいが意表をつかれたような表情はとてもユーモラスであり、思いがけず良いえじこを入手できたと満足している。

3. 平賀輝幸工人について

『こけし時代』第4号に、ブルーノ・タウトが昭和8年に購入した2本の作並こけしの写真が載っている。当時一本10銭で入手したという。昭和8年の物価を調べてみると、白米10kg が1円44銭であったとのこと。平成16年の米10kg の価格は3536円。単純計算すると当時の10銭は現在の2456円位に相当する。もちろん物価上昇率や白米そのものの価値の違い等諸々を無視した上での話であり単純にどうのこうの言えるものではないが、今回の写しは昭和8年当時と比べてもかなり割安な価格になっている。安すぎはしないかと思ってしまう程である。そして、この写しの真価はまさにそこにある。つまり、現在愛好家が熱心に追いかけている高価なこけしというよりは、その昔湯治客が子どもに買っていった質素な土産物としての安価な値段で、さらりと古型を写してしまうというところに輝幸工人の奇特をみるのである。

古い風情を漂わすこけしの外見もさることながら、こけしという存在の有り様までが昔と変わらずに現代に継承されている。寡作ゆえの希少性があるというわけでもなく、ちょっと手が出ないような高価な新作を作る工人でもない。それでいて、今回のように負担になるような写しの依頼にも素早く応じてくれるこけし工人が他にどれくらいいるか。しかもこの人は作並直系の工人にも関わらず、である。さらに、出来上がったこけしは古作並の要所を押さえながら、輝幸工人らしさも充分に感じられるのだ。筆者は輝幸工人を古作並の名工と同格の存在と称するのに躊躇しない。

願わくば、古型細胴の木地形態で輝幸工人自身の工夫による面描、胴模様、蟹菊、轆轤線をもった本人型をみてみたい。奇をてらうことなく、しかし古風な情味を感じさせる本人型のこけしを。この工人であればそれが可能であろうし、50年後、100年後に作並こけしの名作が一堂に会したとして、謙蔵、多蔵、謙次郎といった名工の名品の中にあっても何ら遜色のないこけしを作ってくれるのではないかと思っているのである。


手持ちの平賀輝幸工人作。

平賀輝幸1-1

(後列左より)
・謙蔵型 8寸5分
・謙蔵型 鉋溝入り白胴 6寸5分
・多蔵型? 7寸5分
・謙次郎古型 8寸5分

(前列左より)
・入れ子親こけし 6寸3分
・同子こけし 4寸
・謙蔵型 えじこ 2寸5分
・謙蔵型 台付き 4寸
・謙蔵型 台付き 6寸5分

スポンサーサイト

014: 平賀輝幸 ①

こけしの収集を始めて2本目で平賀謙次郎工人のこけしを入手していることが示す通り(「002: 平賀謙次郎」参照)、筆者は作並系こけしに少なからぬ愛着を覚えている。今回は平賀謙次郎工人の孫、平賀輝幸工人の古型写しについて。(以後、一部敬称略)

1. 歩み

平賀輝幸工人は昭和47年(1972年)3月1日、木地業・平賀謙一の長男として生まれた。昭和62年(1987年)、15歳の頃より木地修行を始め、こけしは平成2年(1990年)3月、工人18歳の時に作り始めたという。

輝幸工人のこけしの変遷は『こけし手帖』で追うことができる。最初にその作品が取り上げられたのは平成9年(1997年)7月発行の第437号、阿部弘一氏による「作並こけしの伝承ー平賀謙次郎・謙一・輝幸のこけしー」の記事である。工人25歳の作で、白胴8寸と台付き9寸2分が掲載されている。未だ筆定まらずといった様子であるが、丁寧に師である謙次郎、謙一両工人の作風を模倣していることが伺え、その後の躍進を感じさせる初期の習作である。

次に登場するのが平成12年(2000年)7月発行の第475号、青野弘氏による「平賀輝幸工人の近作こけし」。工人28歳の作品である。太胴なで肩の親子三代セットを皮切りに、青野氏は6寸3本、8寸3本、3寸7本の製作を依頼し当時の作風を紹介しており、作風の変遷を考える上で非常に役立つ好資料となっている。作品、未だ試行錯誤の段階とみられ、木地形態が決まらない印象はあるものの、蟹菊は工人独自の様式が認められ筆運びにも力がある。面描は現在にも通じる鋭さが出ているように思われる。青野氏も「大きめの頭、顎の絞りなどに多少の誇張があっても、今後を考えた場合、輝幸さんの作品の方向性に好感を覚えます。大成を期待します。」と結んでいる。

それから2年後、平成14年(2002年)3月発行の第494号にやはり青野氏が「平賀家三代の近作こけし」という記事で再び輝幸工人を取り上げている。ここで見られる5寸10本セットにおいて、作風が飛躍的に向上していることに驚かされる。記事のバランスが取れ、面描明快で表情にも自信が溢れているように感じる。前年の全国こけし祭りでも「審査員奨励賞」を受賞されたというのも頷ける出来映えである。

始めて作品が掲載されてから5年ほどの間に謙蔵はじめとする古い型を学び作品を向上させてきた足跡がこうしてつぶさに記録されているのは大変参考になる。現在の活躍はこの時期の研鑽に裏打ちされているということいえるだろう。

2. こけし鑑賞

平賀輝幸工人はふとっちょこけし、ソフトクリームこけし、金魚柄のこけしといったいわゆる「かわいいこけし」で女性こけし愛好家からも人気の若手工人であるが、謙蔵、謙次郎、謙一と続く作並本流の正統な後継者であるその人が、伝統性の希薄なこけしばかりをイベント会場に並べている状況に少しばかり歯痒さを感じていたことを告白する。

もちろん、そういったこけしを生み出す創造性、感性、時代感覚はこけし工人として非凡なものを有していると認めているつもりではあったが、それらのこけしはどうにも食指の動くものではなかったのもまた事実であった。自分が求めているものは古い作並の風情と味わいを感じさせてくれるこけしへと移行していた。幸い、収集最初期に参考とした『kokeshi book 伝統こけしのデザイン』にも『こけし時代』第4号にも輝幸工人の手がけた古型が多数掲載されており、その中には古格漂わす本格的な作風のこけしも見受けられ、そのことは作並こけしを収集していく上ではひとつの希望となっていた。

平賀輝幸1-2

初めて手に入れた輝幸工人作は右2本、6寸3分と4寸の入れ子こけしであった。親こけしは頭部が胴体より細くなっている比較的珍しい形態で蟹菊も4輪描かれている。黒髪のおかっぱ頭でその面描は甘めであるが目尻が少し上がった表情は優美でもある。このこけしの胴自体、なかなか細いものであるが更に入れ子細工が施されていることに驚く。子こけしは鉋溝入り白胴4寸で、葉の色に紫を使っている。この表情が『こけし時代』の中で最も気に入ったもので、二側目の下瞼が下に膨れて独特の鋭い目つきをしている。冒頭に挙げた「かわいいこけし」群とは対極にある表情と言えよう。現代的な「かわいいこけし」と渋みさえ滲む古風なこけし、この両極端を同時に作り分けるこの工人は一体どういう人物なのか興味が湧いた。

次に手にしたこけしが左の8寸5分。オークションで落札したがこれは前述した入れ子こけしと同じ出品者からのものであった。平賀こけし店で直接購入したとのことであるが、その時店内にこのような古型はこれ一本しか置かれていなかったそうである。このこけしには荒々しく鉋跡が残されていて、濃いめの染料が木肌に染みる様は得も言えぬ深い味わいを醸している。このこけしによって輝幸工人に対する印象が完全に逆転したように思う。もはや先に述べたような歯痒いという印象は霧散したのである。

平賀輝幸1-4

高幡不動にあった茶房たんたん(現 民芸サロン楽語舎)では謙蔵型、多蔵型、謙次郎型といった古型を写した頒布品をいくつか取り扱っている。その中の謙蔵型の台付き細胴のこけしが手持ちの輝幸作とのバランスも良いように思われ次の一本とすべく店へと向った。写しの頒布にあたっては各型につき通常10本程の製作を依頼するそうで、お目当ての台付きこけしも数本の中から選ぶこととなった。

面描に若干の変化がある場合、何を基準に一本を選べば良いのか判断に苦しむ。これは本間義勝工人作の酒田こけしを選ぶ時にも感じたことだった。楽語舎の店主・姫野さんに聞くと、他人がどういうかより、自分の良いと思ったこけしを選べば良いのだ、ということであった。そうやって選んでいくことで、こけしを見る目が養われていく。それまでには少なからず失敗もするものであると。この日、選んだこけしは後年の自分にはどう映るのだろうか。

それはともかく、結局この日入手したのは台付き細胴6寸5分と、同4寸。6寸5分は『東北のこけし』に掲載されている謙蔵作の写しであるとのこと。眼光鋭いながらもどことなくユーモラスなところがあり、ちょっと憎めない雰囲気を醸し出していてそこにこのこけしの愛らしさがあるように思っている。4寸は一本しか残っておらず、その分迷うことはなかった。このこけしも「原」となるこけしが存在するということであるが、詳細は分からない。こちらの表情は下瞼が上瞼とくっつかず、甘美。適度な小ささもあって「かわいいこけし」にも通じる現代性を感じている。

002: 平賀謙次郎

002-1
弥治郎系・新山左京工人の9寸(001参照)を入手すると、にわかに伝統こけしへの興味が高まってきた。現代では何か調べ物をする場合まずGoogle検索ということになるわけであるが、伝統こけしを調べようとする者の例に漏れず「こけし千夜一夜物語」さんという有名なこけしブログに辿り着く。初期衝動とともに同ブログの膨大な記事を読み漁っていく中で、伝統こけしの入手方法のひとつとしてヤフオクがなかなかのウェイトを占めていることがわかってきた。試しに覗いてみると、あるわあるわ。その中で注目したのが200〜300本以上の伝統こけしを500円で出している出品者だった。(残念ながら現在は出品されていないようである。)慎重に検討を重ねつつ3本のこけしに目星をつけたが、そのうちの一本がこの作並系・平賀謙次郎工人の1尺であった。

今回こけしを選ぶ上で頭にあったのは以下の5点。①ひとまず全ての系統のこけしを一体ずつ集めること、②大きさは1尺(約30cm)で揃えること、③状態の良いこけしであること、④なるべく作られた年代が判ること、そして⑤自分の美意識に従うこと。本項のこけしはその条件を満たした上で数百本の出品の中から真っ先に入札が決定した一本だった。

改めてこのこけしを見直してみる。退色しやすい緑色もはっきり残っており、なおかつ古色もついておらず状態は良好である。既出した新山左京9寸と比較すると胴の長さと太さはさほど変わらないが頭が一回り大きく、それ故に全体としては細胴のフォルムとなっている。

002-3
頭頂は墨で描かれた太い一本線の周りを囲むように赤い手絡が配置される。ちょうどフレッドペリーのブランドロゴである月桂樹を彷彿とさせる意匠である。

002-2
頭部の接写。現代のアニメ・漫画で育った世代に希求する漫画顏の美少女の面持ちであるが、『こけし 美と系譜』を確認すると、このこけしの表情はp.86に掲載されている本人の「39年(1964年)の復旧作」の表情に近いことがわかる。

胴模様は、上下両端を赤と緑の細かい轆轤線で縁取り、中央部分に花模様を配している。入手した当初、花模様であることは分かっても何を描いているのかいまいち判然としなかったが、他の平賀一族によるこけしの胴模様をみると、その配色ならびに配置からこれが同一族に特徴的な「カニのような菊花」模様が抽象化されたものであると気づく。しかし『こけし 美と系譜』に掲載されている本人による2本のこけしの胴模様はこのこけしよりも菊花の原型をとどめているように思われ、こうして調べてみると同一工人の年代による菊花模様の変遷というのも興味深いものを感じる。

002-4
胴底にはおそらく「作並 平賀謙次郎 五ニ才」と記されていると思われるが、なかなか達筆で特に52歳と記された箇所は自信がちょっとない。仮にその年齢で作られたものだすると1970年頃のこけしであると推測され、前述『こけし 美と系譜』の表情に似ているのも合点がいく。

今ある手元の資料で平賀謙次郎工人について確認すると、大正17年(1918年)11月17日生まれ、木地業・平賀謙蔵次男とあり、「昭和5年より父謙蔵について木地を修行13年に独立した。昭和14年〜16年の出征中を除いて父とともに木地を挽き続け、盆、茶櫃、茶筒などのほか、こけし、独楽などの温泉土産の玩具を作った。こけしは父謙蔵の伝承で、独特の菊模様を描く。最近は胴が太くなっているが、時々作る古型が昔の味を残している。」とのこと。(土橋慶三監修(1973)『伝統こけしガイド』美術出版社 p.128)

『こけし系図 第四版』で確認すると、父は平賀謙蔵(1887-1949)、叔父に貞蔵(1897-1986)、兄は多蔵(1912-1943)で、甥に忠(1937-2000)。子どもに謙一(1943-2007)、孫に輝幸(1972-)、という系図になっている。本人は残念ながら2012年に亡くなっているが96歳の大往生であったといえるだろう。

新山左京工人の9寸が自分の伝統こけしの出発地点であったとすると、本項のこけしは出発点と繋がり、今後の方向性を決める選択であったと思われる。つまり、今後のこけし蒐集にたいする一種の指針となった。即ち、ヤフオクでの蒐集、1尺狙い、系統揃えといったことを中心に次のこけしを蒐集していくことになっていくのだった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。