スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

031: 佐藤治郎

こけしに興味を持ち始めた当初、寝ても覚めてもこけしこけしという塩梅で膨大な記事数をものともせず「こけし千夜一夜物語」を古い記事順に読み進めていった。その中で特に大沼昇治を中心とする遠刈田系の梅こけしには心惹かれるものがあり、オークションでも注目する型となった。最初に入手した遠刈田系梅こけしは大沼昇治ではなくその師匠、佐藤治郎による7寸であった。手元のメモを確認すると9本目に手にした伝統こけしということである。まさに収集しはじめの頃に入手したものということになるが、この前後に入手した尺サイズのこけし群は初こけしである新山左京9寸を残し思い切りよく整理した。そのような断捨離めいた状況でも整理対象にならず今もこうして手元に置いているということはそれだけ何か惹かれるものを感じているからなのだろう。

佐藤治郎は大正4年(1915年)7月13日、農業を営む木須春五郎の三男として生まれた。余談ではあるが自分と誕生日が一緒なのもあり親近感を感じているところは少なからずある。さて、治郎は昭和15年(1940年)に遠刈田新地の佐藤円吉の三女やいと結婚し婿養子となった。昭和18年(1943年)より義父について足踏みロクロを学ぶ。この時28歳ということで木地を始めたのはだいぶ遅かったということになる。その後、北岡工場での職人経験を経て昭和29年(1954年)に動力ロクロを取り付け独立。昭和31年(1956年)には大沼昇治を弟子に取り、この頃より伝統こけしを専門に作るようになったという。

佐藤治郎1-2

この梅こけしは工人55歳の時の作。頭部、胴下部のくびれともやや角張った形態である。古色、シミ深く、当初は頭部のロウが浮き白っぽくなっていた。この傾向は治郎のみならず、後継者である大沼昇治のこけしでも散見されるもののように思うが単なる偶然だろうか。ロウの浮きは①ドライヤーの熱を当てる②乾いた布などでゴシゴシこすり落とす、のいずれかの方法で解決できるようだが今のところどちらが良いのかは判断がつきかねる。胴の上部に一輪、下部に三輪、梅花がぼてっとした調子で描かれ、蕾は輪郭によって表現される。同時期に手に入れた佐藤誠孝の小倉嘉三郎型梅こけしと並べるとまるで恋人のようによく似合い、楽しむことができた。まわりが一尺のこけしばかりであったから、一層このこけしが可憐にみえたのかもしれない。面描は割れ鼻大きく、下瞼が上瞼にくっつかず甘い表情の大きな瞳は典型的な遠刈田系の二側目とは趣を異にし、特徴的である。

このこけし以降、少なからず治郎作の梅こけしを見てきたがもう一本入手というところまではいかなかった。木地形態であったり、表情であったり、状態であったり、それぞれになにかしらの不満点があってなかなか満足できるものに巡り会うことができなかったのであるが、「026: 山尾昭」「021: 大沼昇治 ①」の項で紹介したこけしと同時に落札したこの8寸はそれまで見てきた治郎作とは一線を画するものがあった。胴底に48歳作と記されたこのこけしの面描、胴模様は極めて丁寧な仕上がりで上述の55歳作とはまた違う魅力を有している。

佐藤治郎1-1

『こけし手帖 547号』に柴田長吉郎氏による「佐藤治郎さんの思い出」という追悼文が載っている。それによると治郎が円吉型の梅こけしを復元したのは昭和38年(1963年)であるようだ。単純計算すると「1963-1915=48」つまり工人48歳の時であり、この8寸はまさに円吉型の初期作であることが推測される。55歳作にみられるような、向って左側の眉と目尻が下がる傾向はなく目眉とも左右対称に描かれ、梅花も緑の葉も律儀ともいえるほどの慎重な筆運びである。木地形態は丸みを帯びて柔らかい。

治郎の梅こけしはこの48歳作から出発し、数をこなしていく中で徐々に速筆化、抽象化され治郎独自のものへと変化していったということが伺える。前述の記事では柴田氏はそうした変化を次のように記している。

梅こけしは円吉が始めた型で、この形は大野栄治の影響であるが、治郎さんは真面目に義父円吉の型を踏襲したのである。しかし矢張り治郎さん独特のところがあり、円吉でも、弟子の大沼昇治でもなく治郎のこけしであり、一目で治郎作と判った。それは上手・下手と言うよりも寧ろ彼の個性であり、一生それを貫いたと言うことができる。

同記事にはまた昭和46年(1971年)1月の東京こけし友の会例会頒布品6寸が写真掲載されている。工人56歳の作であり、一本目に紹介したこけしとやはり作風は似ている。


030: 桜井昭寛

古作の写しを嗜好するこけし愛好家にとって桜井昭寛という工人が現役で活躍されているということはどれだけ大きな意味を持ち、また心強いものであろうか。大沼岩蔵、庄司永吉、大沼甚四郎といった古鳴子の重要工人の写しを店頭に並べ、さらに近年では創成期の鳴子こけしの写しにも精力的に取り組まれている。古作の写しを依頼するのに甚だ難儀する昨今にあって、愛好家の欲しがる古型を作り続け、しかも古いこけしの情味を余すことなく再現できる工人は数少ない。それはもちろん桜井家が古鳴子の中でも人気の型を有しているということにも依るものかもしれないが、そうだとしても、その型を守り且つ絶え間なく研鑽を重ねてきたからこそ、現在の名声があるのだと思う。素晴らしい古型を継承するにも関わらずそれを活かし切れていない例は決して少なくない。だからこそ私は桜井昭寛工人に最大限の敬意を表したいのである。

私が鳴子こけしの面白さを知ったのは西田峯吉氏の名著『鳴子・こけし・工人』であった。口絵写真に掲載された古鳴子のこけしは現在よく見かける鳴子一般型とはまるで趣を異にする深い味わいに溢れているように思われた。若い愛好家から「鳴子系のこけしは全て同じように見える」という意見をよく耳にする。恥ずかしながらそれまでの私自身も同じように感じていたのであるが、それはいわゆる一般型と呼ばれる鳴子こけししか知らないためであると考えられる。『鳴子・こけし・工人』に収められたこけし達のなんと個性的なことか。口絵写真とともに西田氏の書く各系列の説明、工人達の物語を読むことで一気に古鳴子への興味が湧いた。同書の口絵の中でも特に心惹かれたのが、高野幸八、庄司永吉、大沼甚四郎、高野まつよ、遊佐雄四郎といった一筆目のこけし群で、この一筆で描かれる目こそが古鳴子の大きな特徴といえるのかもしれない。

2015年の鳴子全国こけし祭りに行くことが決まり色々と下準備をしてみると前述した工人のうち、庄司永吉型は桜井昭寛工人、大沼甚四郎型は佐藤実工人、遊佐雄四郎型は高橋正吾工人が手がけていることがわかった。当日、車でいらしていた知人のご好意により全ての工人の工房にお邪魔できたことは「013: 鳴子の旅」の項で既述した通りである。正吾工人、実工人と廻り最後に辿り着いたのが桜井こけし店であった。桜井こけし店はこけし通りの中程にある。BGM にモダンジャズが流れ、白と茶を基調とした店内の雰囲気は格調高く、温泉街の土産物店という感じはしない洗練がある。

桜井昭寛1-1

壁際の飾り棚に大沼岩蔵型、桜井万之丞型、桜井コウ型とともに庄司永吉型のこけしが並んでいた。一口に永吉型といっても、胴模様、フォルム、サイズにさまざまな変化があって大いに悩むところであった。こういった収集欲を刺激するバリエーション違いを揃える探究心が、昭寛工人の真骨頂であり人気の秘訣であるのかもしれない。悩みに悩んだ挙げ句に手にした永吉型は6寸2分の菊模様。胴模様の様式は深澤コレクション7寸1分あたりが近いような感じがするが確証はない。ふくよかな丸頭がなだらかで低めの肩をもつ直胴に乗る。濃厚な緑による写実的な葉が茂る中、燃えさかる炎のような菊花咲き誇りなんとも生命力に溢れた胴模様ではないだろうか。

桜井昭寛1-2

同店でもうひとつ入手したいと思っていたのがこの創成期の鳴子こけし。これは高橋五郎氏が『こけし手帖 618号』で発表した創成期のものと推定される3本の古こけしのうちの一本を写したものである。これは前年の第60回全国こけし祭りにおいて各工人に現物を見せ、そこから想像を膨らませてこけしを作ってもらおうという特別企画に端を発する。詳しくはKokeshi Wiki の記事(「創成期鳴子こけし」)を参照のこと。事前に調査した結果、昭寛工人の写しが最もその「原」のもつ古風な味わい、神秘性、そして得体の知れない凄みを再現しているように見えた。永吉型、岩蔵型という鳴子古型を手掛けてきた昭寛工人とは特に相性が良いように思われた。店頭の棚に唯一残っていたのが7寸2分のこけし。古鳴子らしい一筆目に、長い垂れ鼻、鬢は太い筆致で大きく描かれる。末広がりの胴の上下には鉋溝が刻まれ、特に最上部の深い溝はこのこけしの大きな特徴となっている。

桜井昭寛1-3

最近入手したこちらの6寸8分は創成期の3本と同じ出自の岩蔵こけしの写しで、前述『こけし手帖 618号』に現物の写真が掲載されている。昭和13年の復活以前のこけしと目され、創成期岩蔵型と名付けられている。蕪型の頭部が乗っかる細身の胴は裾にかけて更に細くなる。胴模様は4つの菊花を中心としたもので、配置と様式に細かい差異があるものの前述した永吉型と同傾向にあり、古い岩太郎系列の在りし姿を想像させる。現在手掛けている型に留まらず常に新しいものへ挑戦し続ける昭寛工人の底なしの情熱をこの創成期岩蔵型からも垣間みる思いがする。昭寛工人がかく活躍し多くの古型を作り続けてくれる現代は非常に恵まれている状況であることは間違いない。

桜井昭寛1-4
菊花咲き乱れる。左より、創成期鳴子こけし7寸2分、創成期岩蔵型6寸8分、永吉型6寸2分


029: 本間久雄 ⑦

過去6回に渡って本間久雄のこけしを取り上げてきた。さすがにまたかという向きもあるかとは思われるが、阿房こけし洞の酒田こけしの追求は留まることを知らない。今回は後期作をみてみようと思う。

便宜上、昭和51年(1976年)の酒田大火以降の作を後期とする。Kokeshi Wiki には「昭和50年代初めまで少しづつこけしの製作を継続した」とある。この文章からはこけしの製作は昭和50年までというニュアンスが伺われるが、実際には「S56」(つまり1981年)とメモ書きされた久雄作も少なからず散見されることを鑑みると、昭和50年代半ば、工人72歳頃まではこけしを作っていたということになる。なお本間久雄は昭和59年(1984年)9月5日に亡くなっている。

本間久雄7-1

最初の3本であるがこの4寸、6寸、8寸は同時期の作と推測される。手持ちの後期群の中にあってどこか中期作の名残があるようにも感じられる作風で、中期を髣髴とさせる線の細さではあるが、目眉ともに横に長く伸び、眼点自体も幾分大きくなっている。怒ったような中期作に対して、おっとりとして落ちついた印象を与えるこけしである。中期作との相違点は、①つり上がり気味だった目眉が水平に近づく、②鼻と口の位置が上がる、③面長だった頭部の形状が丸くなる、④染色が濃くなる、といった点が挙げられる。或いは中期と後期を結ぶ一群とも考えれる。

本間久雄7-2

次の6寸2本と8寸は比較的最近入手した後期作。左端6寸は手持ちの久雄作の中にあって最も保存状態の良い逸品。胴底には「52.10.9」のメモ書きがなされている。前述3本と比較すると目眉の線にアクセントが付き凛々しさがある。やや棗型に近い頭部と末広がりの胴の織りなすフォルムも秀逸。久雄作の上作といえるだろう。真ん中の8寸はやはり末広がりでこちらもバランスに優れる。面描の線はよく筆が伸び、力強い。線の太さで言えば初期〜中期にかけての「柏倉勝郎型」に通じるものがあり、本家勝郎作の表情に肉迫する。右端6寸の胴底には「1980.1」というメモ書きがなされている。昭和55年、工人71歳の作ということになるだろうか。このこけしには初期作のような線の太さがあり、上目遣いの訴えかけるような表情をしている。このこけしの目と眉、角度や位置、頭髪毛先の揃い方等の面描が、有名な久松旧蔵の柏倉勝郎作1尺1寸6分に通じるものがあると感じるのは私だけだろうか。ちょっと他では見かけない表情ではある。また、久雄の確立した葉の様式はこの時期の勝郎作に由来しているのかもしれない。

本間久雄7-3

上の8寸と6寸もその表情と雰囲気から同時期のものであると推測される。「005: 本間久雄 ①」で既出の6寸はフォルム、全体の佇まい、面描の雰囲気等、上記1980年作と類似点が多いように思われる。横幅と高さがほぼ同寸の丸顔、裾にかけて広がっていく胴のラインで最下部は頭部よりもわずかに細い程度。柏倉勝郎のような胴の細さではないが、木地のバランスとしては完成された美が宿る。涼しげな眼差しが印象的な表情。その良好な保存状態と相まって手持ちの久雄作の中でも逸品としている一本である。作風の類似した8寸胴底には「56.2.22」のメモ書きがされており、手持ちの中では最も時代の下ったものとなっている。頭部は横長で縦に短いため、その分胴の長さが強調されている。頭部直系50mmに対し胴裾は45mmと太めで、直胴に近いフォルムには重量感さえ漂う。

本間久雄7-4
本間久雄作8寸と柏倉勝郎作6寸

久雄の場合、晩年になるにつれその作風は洗練されていくように思われる。そこには老いて枯れた筆致は認められず、むしろ生き生きとさえしている。後期作には、生涯を通じて酒田こけしと向き合う中で工人が最後に到達した完成形があるように思う。本項で後期作として紹介したものはおそらく全て昭和50年代に入ってから作られたものと考えているが、こうして見てみると実に多様な変化が認められる。常に停滞することなく柏倉勝郎型を追求し続けた工人の足跡が見て取れるはしないだろうか。

過去の本間久雄関連記事
005: 本間久雄 ①
010: 本間久雄 ②
011: 本間久雄 ③
012: 本間久雄 ④
018: 本間久雄 ⑤
020: 本間久雄 ⑥

028: 佐藤武直

蔵王こけし館にある名和コレクションの中でも特に強烈な印象を受けたのが佐藤三蔵のこけしであったことは繰り返し述べてきた。その三蔵の直系工人が今もなおこけし製作に従事しているということは誠に驚くべきことである。深川東京モダン館で行われる「第2回 七人の職人~秋保工芸の里 in 深川~」に三蔵から数えて四代目にあたる佐藤武直工人がいらっしゃるということで2016年1月30日(土)に会場へお邪魔した。(以下、敬称略)

佐藤武直は昭和50年(1975年)4月16日、秋保の木地業・佐藤円夫の長男として生まれた。佐藤三蔵のひ孫にあたる。平成6年3月に高校卒業後3ヶ月程会社勤めをしたが、父・円夫が腰痛により一時仕事ができなくなったのを契機として木地業に転向。組合の紹介で秋保から車で20~30分の距離にある宮城郡宮城町芋沢の佐藤正廣の元に一年間通い木地の修業をしたということである。

15時頃到着した頃には他に一組しかお客がいなかったが、開場直後は女性を中心とした愛好家が大挙したということである。当日、会場で販売されていた佐藤武直作の種類と値段は以下の通り。

3寸 1,300円
4分 1,400円
6寸 1,700円
9寸 3,000円

4寸以下は一側目で5寸以上からが二側目となる。今回入手したこけしは4寸2種。墨による青坊主と秋保一般型である。

佐藤武直

白黒のこけしは伝統こけしという範疇からは少々外れるものの、描彩簡素な中に水墨画に通じる抑制された面白みを感じた。これは元を正せば菅原庄七が「新型こけし」として売っていた青坊主を応用したものであると思われるが、現在では主に叔父の佐藤武志がこの型を作っているということである。「019: 五十嵐嘉行」の項で登場した間宮正男の墨こけしに通じるところがあり手に取らずにはいられなかった。

秋保一般型の4寸は一側目による面描で表情やや硬質ではあるが描彩よく整った可愛らしさがある。彩色では黄色が積極的に用いられ、頭頂部、胴模様の葉など要所要所に散りばめられている。胴上下の轆轤線は独特の濃度で金属的な光沢を放っている。これは緑の色を塗り重ねることにより得られる色であるとのこと。

他に6寸と9寸の二側目こけしがあったが、眼点大きいその面描は一種特異な表情。瞼、眉ともに曲線の頂点が顔の中心に寄るこの型はおそらく『kokeshi book 伝統こけしのデザイン』に掲載されている師・佐藤円夫の作風を継承しているものと考えられる。どことなく戦後流行した新型こけしの影響も感じられるためか、こちらには食指が動かなかった。魅力ある面描の為に今一度秋保古型の原点に立ち返る必要があるように思うのは一伝統こけし愛好家の単なる独り善がりな考えであろうか。現在、武直は三蔵古型の写し依頼を受け付けていないようであるが、三蔵直系のこけし工人として古い秋保の情味を研究し再現してほしいと願わずにはいられない。

秋保こけしに携わってきた家系のうち、菅原庄七の系譜は息子敏の代で途絶えてしまった。山尾家は「026: 山尾昭」の項で述べた通り、現在製作を中止してしまっており、佐藤家だけがこけしを作り続けているという状況である。こうして考えてみるとこけし界に広く知られる名工の直系工人が現代においてもなお木地業を続けているということはまったく奇跡的なことといっても過言ではないのかもしれない。

佐藤三蔵の古型は50年後100年後の愛好家も魅了する普遍的な美しさを有していると思う。佐藤家にはその三蔵型という誇るべき型があり、その情味を写し継承することはこけし界にとって必要不可欠なことと思われる。伝統こけしの愛好家としては、佐藤三蔵の古型が積極的に継承され未来に残されるようにと願うばかりである。佐藤武直はその型を受け継ぐにふさわしい由緒あるこけし工人であり、希望である。


027: 我妻信雄 ②

大沼昇治のこけしとともに我妻信雄のこけしがまとまって出品されたことは「003: 我妻信雄 ①」の項で既に述べた。受動的な入手経緯とはいえ落手したこけし群を眺めていると、その鋭い筆致の面描は耽美な魅力に溢れているように思われ我妻信雄のこけしはネットオークションの出品の中でも特に留意すべき対象となっていった。そのような状況で出品された信雄作8寸は注目すべき特徴を多分に備えたものであった。お椀型の黒髪に独特な鬢飾り、垂れ鼻、胴の上下に引かれた紫の轆轤線に特徴的な重ね菊。佐藤茂吉に通じる古い遠刈田の様式にように思われたが、詳しい事は判然としなかった。

我妻信雄2

『こけし千夜一夜物語』の第14夜第898夜等に我妻信雄のことが書かれていたことを思い出し、2015年6月20日、西荻窪イトチで行われたトークイベントの折に筆者の国府田恵一氏にこのこけしのことを尋ねてみた。それによると、①小原直治の作といわれたこげすにこのような鼻と鬢の様式のものがあり、一時期信雄もつくっていた。このこけしはそのえじこの様式をこけしに応用したものと思われる。②後に高橋五郎氏によってそのこげすは小原直治作ではなく佐藤治平のものと究明されたこともあり作られなくなった、ということであった。国府田氏は3回にわたり『こけし手帖』に信雄の変遷についての記事を執筆されている。(521~523号)

一般的な遠刈田の様式とは趣を異にするこのこけしには、古い青根を思わせる面白みがあるし、こけしそれ自体の意匠が完成された美を有しているようにも思われる。面描は以前入手した一連のこけし群にも増して研ぎすまされ、鋭い。信雄というこけし工人に対する評価が更に高まるとともに、小原直治、佐藤治平という遠刈田系の名工に対しても興味が湧くきっかけをもたらした一本となった。

その黒髪8寸と同じ出品者が似たような垂れ鼻のこげすを出品されたのはそれからしばらく経ってからのことである。これが国府田氏のおっしゃっていた直治もとい治平の写しである事は一目見て想像がついた。大きさは7寸。鬢飾りはまったく同じ様式。頭頂は手絡が描かれ、胴には上部のみに紫の轆轤線が引かれその上に衿と枝梅模様があしらわれている。前述した『こけし手帖 522号』に昭和53年6月作として同手のこげすが写真掲載されており(⑰)、「『こけし這子の話』に掲載されていた『直治こけし』(註:とされていたもの)の忠実な写しである」と説明されている。なお『こけし千夜一夜物語』第89夜にも同こげすの記事が載っているのでご参照のこと。

後日、高橋五郎氏の『佐藤治平と新地の木地屋たち』という本を入手した。ここで『こけし辞典』と併せて佐藤治平という木地師についてまとめると、治平は明治16年11月11日遠刈田新地に木地業・佐藤菊治の三男として生まれた。尋常小学校卒業後、青根丹野工場で職人をしていた兄重松につき木地修行。翌年兄とともに新地へ引き上げたわけであるがその後明治35年に再び青根に赴き小原直治の工場で働いている。つまり治平と直治は接点がなかったわけではないということになる。明治36年〜39年まで徴兵。除隊後は吉田畯治の木工所、北岡商店専属の職人となるが悪名高い「仕送り制度」に縛られ生活は困窮したという(以上「新地時代」)。大正2年〜8年まで秋保村立職業学校で木地教師を務める(「秋保の木地教師時代」)。その後遠刈田に戻ると大正10年新しく出来た北岡木工所の職人となる(「新地・北岡時代」)。昭和5年、不況の影響で木地業をやめ昭和19年まで営林署に務めた。この間、第一次こけしブームが起こり昭和14年頃から蒐集家の求めに応じて佐藤円吉の挽いた木地に描彩をしている(「営林署時代」)。退職後は五男喜平、七男正男を弟子としつつ自宅の足踏み轆轤で木地挽きをした(「木地挽き復帰時代」)。昭和27年8月1日没。享年70歳。

『佐藤治平と新地の木地屋たち』の表紙写真に使われているのが今回入手したこげすの「原」となったものである。口絵のカラー写真と比べると「原」は梅花の芯が墨で描かれていることから写しは白黒写真で行われたと推測される。同書の説明によると「原」となったこげすは「天江氏が大正十年に遠刈田の北岡商店で、明治初年につくられた新地古形こけしとして、前にも書いたように、豊治のこけしといっしょに求めたもので、『こけし這子の話』の図版に掲載されたものである」ということである。「新地・北岡時代」に作られた明治古型の写しというところだろうか。さらに側面の写真とともに「胴下部や背部にまで、一杯の笹竹と松葉のようなものが描かれている」と説明されているが、手元のこげすにそれは描かれていない。このことからも写真による写しの依頼に応じたものであったことが窺える。

前掲した『こけし手帖 522号』では「これまで信雄さんは小原直治のこけしをベースにはしているものの、全くの写しは作っていなかった。それはあくまで自分のこけしを作るという信念があったからであろう。そんな信雄さんでも復元ブームという風潮による周囲からの働きかけに抗するのは難しかったのであろう。恐らく写しの製作も自身のこけしを作り上げるための一里塚と割り切って考えたのであろう」と続く。当時の経緯はどうだったにしろ、治平型を作る工人の途絶えた現在からすれば第2次こけしブームの新鋭工人がその最も脂の乗り切った時期にこの「新地古形こけし」を手がけてくれたことは何よりも幸運なことであったとただただ想い至る次第である。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。